【Canvaとは?】無料なのに初心者でもスマホで簡単デザインできる!

Canva

こんにちは!ヤスです。

  • SNSで映える投稿がしたい!
  • オシャレなチラシを作りたい!
  • IllustratorやPhotoshopでデザインを作るのは難しそう・・・

このようなお悩みを抱えている方にぜひ、これから紹介するデザインツール「Canva」をお試し頂きたいです。

当ブログのヘッダーや各記事のアイキャッチの作成、Instagramへの投稿にもバリバリ活用している筆者の使用例をもとに、これからデザインに挑戦したいと思っている皆さんの参考になる記事を書いていきます。

この記事でわかること
  • Canvaで出来ること
  • Canvaの基本的な使い方
  • デザイン初心者にオススメな理由
  • 実際のユーザーたちが感じるメリット・デメリット
ヤス
ヤス

筆者について簡単に紹介します。

  • デザイン初心者
  • Canva歴3ヶ月
  • iPhoneマスター(自称)

このブログ内のCanvaの記事は主にiPhoneを使用した例を紹介するよ。

\30日間無料でお試し!CanvaProを今すぐ使ってみる/

Canvaとは?無料で使えるオシャレデザイン作成ツール

Canva(キャンバ)とは、webブラウザ・スマホアプリ(iPhone+Android)で使用できるデザイン作成ツールです。

2013年に発足、現在では世界190カ国で使用されており4000万人以上が使用している化け物ツールです。

日本では2017年のサービス開始から現在までで300万人以上のユーザーが登録しています。(2021年8月時点)

ヤス
ヤス

これだけ世界中で使用されているツールなら安心して使うことができるね。

ぼくのようなデザイン素人でも聞いたことがあるデザイン作成ツールといえば、Adobeの「Illustrator」や「Photoshop」が有名です。

ただしこれらは導入するのにある程度の費用がかかったり、初心者が使うには操作が難しいイメージがあったりと、なかなかハードルが高いですよね。

Canvaにも有料プランがありますが、無料プランでも十分に使用でき且つ、簡単な操作で手軽にオシャレなデザインを作成することができます。

幅広いテンプレートが用意されているため、SNSを楽しみたい個人から、お店やサービスを展開する事業者の方まで多種多様な方が活用することができます。

ヤス
ヤス

Canvaの概要を分かりやすくまとめている動画を貼っておくね。

【初心者向け】スマホ1台で簡単にデザイン作成できる無料アプリ【Canva】
出典:REC博士

Canvaでできることは?無料プランでSNS投稿まで全部できる!

Canvaはデザイン初心者でも簡単にデザインを作成することができます。

なぜ簡単にできるのかと言うと、無料プランでもかなり豊富な数のテンプレートや素材が用意されており、それらを組み合わせたり自分で用意した写真と入れ替えたりするだけで作成できるからです。

ヤス
ヤス

自分で1からデザインを考える必要がなくて、テンプレートに合わせて直感的な操作で作成できちゃうんだ!

テンプレートに合わせるといっても、文字色やフォント・素材の位置等が固定されているわけではなく、自由に編集することも可能です。(※ただし有料プランでしか使用できないフォントや素材もあります。)

Canva内で作成したデザインはそのままインスタグラム等のSNSへ投稿することが可能です。

では、以下にそれぞれの事についてもう少し詳しく解説していきます。

無料で一通りのことができる

Canvaの無料プランでできる事を以下に纏めました。

Canva無料プラン
✔︎25万点を超えるテンプレート
✔︎100種類以上のデザインタイプ(SNS投稿・プレゼンテーション・手紙等)
✔︎数多くの写真やグラフィックス
✔︎メンバーをチームに招待する
✔︎リアルタイムでのコラボレーションやコメント
✔︎5GBのクラウドストレージ

Canva内でほぼ全て完結|簡単にオシャレなデザイン作成

筆者の場合はブログになりますが、Canvaに出会う前はPCで以下のような作業をしてアイキャッチを作成していました。

  1. 外部サイトでフリー素材を探してダウンロード
  2. ブログのアイキャッチに適したサイズへ加工
  3. WordPressへアップロード

これらの作業では「フリー素材のサイト」→「PC内での加工」→「WordPress」のように少なくとも3つの環境を使用していました。

ヤス
ヤス

画像編集ど素人のぼくは、フリー素材をほぼそのまま使用していたからこれだけで済んでるけど、画像内に文字を入れたり別の素材を重ねたりしたらもっといろんな工程が発生するはずだよ。

しかしCanvaを使用することにより、作業が簡単になるだけでなく、PCすら使用せずにiPhoneだけで作業が完結するようになりました。

  1. Canvaで素材を探しあらかじめ設定しておいたサイズで編集
  2. iPhoneにダウンロード
  3. iPhoneからWordPressへアップロード

手順が3つで同じように感じるかもしれませんが、実際には作業の手軽さが全く違います

Canva内で拾った画像に文字を入れるのも、装飾の素材を追加するのも、全て同じアプリ内で完結する上に、iPhoneで作業できるから直感的に操作もできます。

ヤス
ヤス

iPhoneでのメリットとして、外出先での隙間時間でも軽いフットワークでサクッと作業ができちゃうところは本当に時短になって助かってるよ!

webブラウザやスマホ・タブレットアプリで使用できる

Canvaは「ブラウザ版」と「アプリ版(iOS + Android)」があるので、同じアカウントでログインすればPCやタブレット・スマホとあらゆるデバイスで作業することができます。

筆者のブログアイキャッチの作成でも書いてますが、外出先での隙間時間ではiPhoneで、お家でガッツリ作業時にはPCというように、状況に応じてデバイスを選択して効率的に作業ができます。

ヤス
ヤス

いちいちPCやスマホにデータを転送したりする必要はなし!

\今すぐCanvaを試す/

▶︎iPhoneでのCanvaの使用感についてはこちらで解説

Canvaでどんなデザインを作ることができる?

無料プランでさえ25万点にも及ぶテンプレートが用意されているので、もはや作れないデザインはないのかもしれませんが、主要なテンプレートを一部紹介します。

\いっぱいあるから興味のある人はクリック/

各種SNS

  • Instagramの投稿
  • Instagramのストーリー
  • Facebookの投稿
  • WhatsAppステータス
  • Facebookカバー
  • TikTok用動画
  • YouTubeサムネイル
  • YouTubeのイントロ
  • アニメーションSNS
  • Twitterの投稿
  • Pinterestピン

マーケティング

  • 名刺
  • ポスター
  • チラシ
  • ロゴ
  • ブログバナー
  • ギフト券
  • チケット
  • YouTube動画広告
  • ニュースレター

オフィス

  • 履歴書
  • A4文書
  • レポート
  • 計画表
  • 手紙
  • 提案書
  • 請求書
  • チェックリスト
  • メモ

その他

  • スマホ壁紙
  • デスクトップ壁紙
  • グラフ
  • 本の表紙
  • マインドマップ
  • 雑誌カバー
  • Zoomバーチャル背景
  • カレンダー
  • アルバムカバー

などなど他にもたくさん・・・

いかがでしょうか?

筆者はブログをやっているのでメインはアイキャッチの作成になっていますが、名刺の作成からお店のメニュー表・プレゼン資料に至るまで、職種を選ばずに使用することができます。

ヤス
ヤス

これだけ他種多様のデザインが作れるなら、世界で4,000万人のアクティブユーザーがいるもの納得だね!!

合わせて読みたい!ブログアイキャッチ大集合!

実際にiPhoneでデザインを作ってみよう

それでは実際にデザインを作って見ましょう。

今回はブログのアイキャッチのデザインを作ってみましょう。

ブログ用アイキャッチ作成

アプリを開いたら、検索窓に作成したいデザインを入力します。今回は「ブログ」と入力しています。

「はてなブログ アイキャッチ画像」というのがあるのでタップします。

すると、アイキャッチのテンプレートがズラーっと表示されましたね。

1番最初に空白もあるので、自分で1からデザインしたい人はこちらを選んでください。

今回はテンプレートを選んでみたいと思います。

「コーヒーメーカーの比較」というテンプレにしてみました。(特に意味はありません)

選択すると編集画面に移行します。このまま使ってもいいですが少しタイトルを変更してみましょう。

「おすすめコーヒーメーカー比較」から「おすすめコーヒーメーカー7選」にしてみます。

タイトル部分をタップして、左下の「+」マークをタップし「編集」をタップしてください。

キーボードが出てきたら編集可能になるので、「比較」を消して「7選」を入力します。

せっかくなのでフォントも変更してみましょう。無料プランでもかわいいフォントがたくさん用意されていますよ

左下の「+」マークから「フォント」をタップしたら、いろんな種類のフォントリストが表示されます。

フォント名の右端に王冠マークがついているものは有料プランで使用できるフォントになります。

好きなフォントを選択したら完成です。

右上のダウンロードマークをタップして保存しましょう。

無事に作成できましたね!

前述にもありますが、テンプレはアイキャッチだけではないので、同じ要領でいろんなデザインを簡単に作成することができます。

自分がやっているメディアに合わせて色々作ってみてくださいね。

Canva Proとは?有料プランで素材追加&時短効果

この記事内でもチラホラ書いてますが、Canvaには有料プランである「Canva Pro」というサービスもあります。

無料プランとの比較をしてみました。


Canva


Canva Pro
価格無料1,500円/月 or 12,000円/年(5人まで共有可)
テンプレート25万点以上61万点+毎日追加
写真やイラスト20万枚の無料写真素材1億を超えるプレミアム写真+動画+オーディオ+グラフィック
背景切り抜きなし背景リムーバ
リサイズ
(サイズ変更)
不可(途中変更も不可)マジックリサイズ
クラウドストレージ5GB100GB

基本的に無料でも十分なほどの機能が備わっているのですが、有料プランだと使えるテンプレや素材が一気に増えます

また、ぼくはこの2つの機能が最強だと思っています。

  • 1タップで背景切り抜き「背景リムーバ
  • どんなサイズにもリサイズ「マジックリサイズ

特に背景切り抜きに関しては、デザインの仕上がりに大きな差が生まれます!

一度作ったデザインのサイズ変更も使えると使えないでは、作業効率に大きな差が現れてきます。

▶︎マジックリサイズ・背景リムーバの詳細はこちら

ヤス
ヤス

ブログやインスタなど、複数のメディアを運営したい人は課金必須!
年払いだと割安になるし、5人まで共有できるからかなりお得!

▶︎Canva Proを共有する方法はこちら

下のボタンから有料プランを30日間無料でお試しできます。アプリ版からでもCanva Proの無料お試しをすることができますが、無料期間が14日間に短縮されてしまうので必ず下のボタンからブラウザで登録してください。

ヤス
ヤス

30日以内に解約すれば課金はされないよ。
解約はアプリからでも簡単にできるから安心!

▶︎無料プランと有料プランについて詳細はこちら

▶︎「Canva Pro」の退会手順はこちら

Canva Proについてはこちらの記事でも詳しく解説されてるよ!記事内に掲載されてるデザインのクオリティの高さが凄いけど、同じ「Canva」を使ってるんですよね!

こちらも是非読んでみてください!

ユーザー達の声を紹介|生の意見で見るメリット・デメリット

ここまで色々と書いてきましたが、「結局ヤス、お前が良いって思ってるだけやろ」と思われる方もいると思います。

ヤス
ヤス

実際にユーザーの皆さんの生の意見を聞いてみたよ。メリットもたくさんあったけど、「ここはイマイチ・・・」って声もあったから参考にしてみて!
アンケートに答えてくれた皆さん、どうもありがとう!

\興味のある人はクリック/
メリットまとめ
  • 無料でもクオリティーの高いデザインを作ることができる
  • アップロードした素材と同じカラーが自動で出てくる
  • スマホ・タブレットで出先で作業できる
  • 日本語のフォントの種類が増えてきた
  • フリー画像やアイコンの質が良い
  • 無料のイラストがかわいい
  • テンプレサイズが豊富
  • PNGで保存できる
  • 自由度が高い
デメリットまとめ
  • ブランドキットの色の登録が無料だと少ない
  • 日本語から英語にしないとちゃんと入力した文字が表示されない
  • 作成した画像をダウンロードしたら画質が落ちる(特にjpgの場合)
  • スマホアプリ版だと1文字だけ文字サイズを変える・カラーを変えることができない
  • エラーで30分程度使えなくなったことも(通信環境問題?)
  • 複数枚ダウンロード時にエラーになることがある

※それぞれ個人の感想です。

ヤス
ヤス

メリットに関してはもはや言う事なしだね!
デメリットに関しては僕個人としてはあまり感じたことなかったよ。

アンケート以外でもCanvaについてツイートされてる人が多く、「無料プランでも素材の質が良い」「使いやすい」という意見をよく見かけます。

手軽に始められて簡単にデザインできるというのは、Canvaの強みであることは間違いないようですね!

初心者ならCanvaで決まり!いろんなデザインを作ってみよう

初心者でも簡単にオシャレなデザインを作成できる最強のツール「Canva」について紹介しました。

無料ですぐに始めることができるので、使わない手はないですね。

Canvaがオススメなのはこんな人

SNSで映える投稿がしたい!

オシャレなチラシを作りたい!

IllustratorやPhotoshopでデザインを作るのは難しそう・・・

準備はもういい!

さあ創作を始めよう!

\今すぐCanvaでデザインを始める/

コメント

  1. […] ▶︎Canvaでできることはこちらで解説しています。 […]

  2. […] ▶︎Canvaでできることはこちらで解説しています。 […]

  3. […] ▶︎Canvaの概要についてもう一度確認したい人はこちらの記事へ […]

  4. […] ▶︎Canvaについての詳細はこちらから […]

  5. […] […]

  6. […] そもそも「Canvaとは?」って方はまずはこちらの記事もご覧ください。 […]

  7. […] そもそも「Canva」とは?って方はこちらの記事もどうぞ。 […]

タイトルとURLをコピーしました