MENU

CanvaとAdobe Creative Cloud Expressはどっちが初心者向け?両者の違いを7項目で徹底比較!

この記事の結論

デザイン初心者にはCanvaがおすすめ!

こんにちは、ヤスブロを運営しているヤスです。

ブログ運営やSNSでの発信をしている人で画像の品質にこだわりたい人は多いはず。

「オシャレなデザインが初心者でも簡単に作れる」という噂のもと、今回の記事の2つのアプリを目にした方も多いのではないでしょうか?

この記事ではCanvaとAdobe Creative Cloud Expressの違いを7項目で比較していきます。

\ 筆者のオススメはこちら! /

ここから登録で30日間無料お試し※アプリだと14日間

目次

まずは確認!迷ったらAdobe Creative Cloud ExpressよりもCanvaがおすすめ

「とにかくどっちが良いんだよ」ってデザイン初心者の方は、冒頭にも書いている通りボクは「Canva」をオススメします。

どちらのアプリもデザイン初心者をターゲットとしているのですが、Adobe CCEを開いてみた時の個人的な印象は「難しい用語があるな・・・」といった感じです。

「デザインアセット」とか「このテンプレートをリミックス」とかなんぞや!!!

触っていけば何となく分かってくるのですが、初見のとっつきやすさはデザイン初心者のボクはCanvaの方が優しいなと思いました。

ここから先はもう少し深掘りしてCanvaとAdobe CCEを比較していきますので、参考になれば嬉しいです!

\ デザイン初心者にオススメ /

無料プランはCanva フリーを入手を選択

CanvaとAdobe Creative Cloud Expressを7項目で徹底比較

それではここから比較していきましょう。

\ 左の項目タップで該当の見出しにジャンプ /

\ 左の項目クリックで該当の見出しにジャンプ /

CanvaAdobe CCE
有料プランのコスパ圧倒的な安さ普通
背景透過のクオリティ優秀惜しい
文字の縁取りひと手間必要簡単
複数ページ作成できるできない
使える素材良(動画もあり)良(動画少)
会社の知名度スタートアップデザイン界隈の頂点
ユーザーのおすすめ(口コミ10件)6票4票
Canva と Adobe の比較表

ユーザーのおすすめにもあったし、ボク個人の感想もCanvaの方が操作性も良くてデザイン初心者には向いてるだろうなって思いました。

それではここからは、上記7項目をひとつずつ解説していきますね!

比較①:有料プランのコスパはCanvaがいい!

まずは有料プランの価格です。

スクロールできます
プランCanva ProAdobe CCE
月額プラン1,500円/月1,078円/月
年間プラン12,000円/年10,978円/年
2022年4月時点
困った人

あれ、Adobeの方が安いじゃない!

一見するとAdobeが安いのですが、Canva Proの方がコスパが良いというのは間違いではありません。

Canva公式でも推奨されているのですが、ひとつのアカウントを最大5人で使うチーム機能があります。年間プランを5人で使用すると1人あたりの負担額は2,400円/年(月額換算200円)となり、考えられない程のコスパで全機能が解放されます。

詳しくはCanva Proを5人でシェアする方法を解説しているこちらの記事をご覧ください。

ただし、自分1人しか使わないよって方はAdobe CCEの方が安いので、状況に合わせて選択してくださいね。

比較②:背景透過のクオリティはCanvaがいい!

こちらは実際の画像で比較してみましょう。分かりやすいように背景は黒で統一しています。

Adobe CCEの背景除去
Adobe CCEの背景除去機能
Canvaの背景リムーバ
Canvaの背景リムーバ

色々試してみましたが、ほぼほぼ互角の戦いかなぁと言った印象です。上の画像で比較するとAdobe CCEの方は手に持ったグラスが若干いびつな形になりました。

PCでの作業の場合は1クリックで背景を透過させた後に手動で調整ができるのですが、Adobe CCEは有料プランでしか出来ない機能です。(背景除去だけなら2022年4月時点で無料)

Canvaは背景リムーバ自体が元々有料の機能なので、仕上がりが微妙であった場合は手動で復元や追加の透過ができますね。

CanvaもAdobe CCEも、スマホアプリだと手動の復元・削除は対応していません。PCからログインして実施してください。

背景透過はデザインの仕上がりに大きく影響してくるので、有料にはなってくるけどCanvaの方がいいですよね!

比較③:文字の縁取りならAdobe CCE がいい!

こちらはAdobeに軍配!

テキストの編集「効果⇨アウトライン」でサクッとできてしまいました。

Adobe CCEで文字の縁取り
スマホアプリでも簡単にできた!

Canvaの今現在の弱点というのがフォント周りの機能。

その中でもよく言われてる印象があるのが「文字の縁取り」について。

Canvaでもできないことはないのですが、少し手間がかかります。

Twitterでいろんな人がやり方を発信していましたが、以下の方法が多く投稿されていたのでぜひ試してみてください。

比較④:複製ページの作成はCanvaがいい!

複製ページはAdobe CCEはできません。1枚ずつしか作れないんですね。

Canvaは無料プランからでも複数ページに対応していて、プレゼン資料の作成なんかでも簡単にできます!

ベースとなる雛形を作るも良し、オシャレなテンプレも多数あるので職場でのプレゼン資料作成で他の人と差別化できちゃうかも!?

職場ではパワーポイントを使用する事が多いとような印象ですが、Canvaは「PPT形式」でダウンロードすることもできるので一目置かれる存在になれるかもしれませんね。

Canvaのプレゼン用テンプレート
テンプレを使えば写真やテキストを入れ替えるだけでOK!

比較⑤:使える素材ならCanvaがいい!

使える素材については有料プランと無料プランで差がある上に、人それぞれの好みの問題もあるので一口に「Canvaが良い」と断言してしまうのは違うかもしれません。

ヤス

ボクはCanva Proを契約していて全部使いたい放題だからという部分が正直あります。笑

ひとつ言えるのは、動画編集もされる方です。

Canvaには無料プランでもいくつか動画の素材が用意されているのですが、Adobe CCEにはありません。

例えば結婚式で使用するムービーを作成しようと思ったとき、Canvaには動画のテンプレートも用意されているので中身を入れ替えるだけでそれっぽい動画が簡単に作成できてしまいます。

Adobe CCEでも自分で用意した動画を編集することはできるので、フリー素材はいらないよって方は問題ないですがCanvaの方が選択肢は広そうです。

ヤス

ボクみたいな初心者が何もないところから作り上げるよりも、テンプレをベースに作る方がオシャレなものが出来そう!

比較⑥:会社の知名度ならAdobe CCE !

会社の知名度で言ったらAdobeの方が圧倒的でしょうね。

デザイン初心者でも「Photoshop」「Illustrator」というソフトがあることは聞いたことがあるのではないかと思います。

両サービスを展開している会社を簡単にまとめました。

Adobe Inc.Canva Pty Ltd
設立1982年12月2012年8月
本社アメリカオーストラリア
サービスPhotoshop Illustrator Acrobat DC InDesign Premium Pro After Effect Audition Adobe XD Dimension …etcCanva フリーCanva Pro

約40年の歴史を誇るAdobeのサービスの豊富さはさすがです。

写真やイラストなどそれぞれに特化したものもあり、「プロが使うもの」という印象ですね。

今回比較しているAdobe CCEはどちらかと言うと「デザイン初心者」が対象なので、デザインで仕事をしたいって人は素直にPhotoshopやIllustrator等を勉強した方が良いです。

知名度では劣りますが、Canvaもここ数年で急激に伸びている企業です。まだ創立から10年ですが、Canvaのアクティブユーザーは世界で既に6,000万人を超えています!

Canvaの情報についてSNSで発信されている方もいますが、かなり頻繁に機能が追加されていきます。

ヤス

TwitterやInstagramをやっている方はフォローしておくと常に最新情報が公開されるので楽しいよ!

比較⑦:ユーザーがオススメするのは僅差でCanva!

ボクの比較だけじゃなくて実際のユーザーの声も聞きたいと思うので、クラウドソーシング「ランサーズ」を使ってアンケートと口コミを集めました。

10件の回答をもらったんですが、「Canva:6票・Adobe CCE:4票」で僅差でCanvaに軍配が上がりました!

ヤス

たまたまだと思うけど、Adobeは女性がオススメしててCanvaは男性がオススメしてるって構図になったよ。

ユーザーの声をザックリまとめると以下の通りです。

Adobe CCECanva
Canvaより安い
複数のソフトと連動可能
Canvaより編集を加えた時の速度が早い
テンプレートが豊富
フォトショやイラレが使えない人でも簡単
チーム運用でコスパ良し
動画素材が豊富

Adobe CCEがおすすめのユーザーの声

40代女性

メリットはデザインが自由にできて見た目もきれいで細かい設定など高品質の作品をつくることが可能なことです。また、複数種類のソフトとの連動が可能で幅広い視点で制作することができます。さらに印刷やWeb分野で制作ができて仕事の面で幅広く活用することができます。デメリットとしては年ごとに高額な費用(1ソフトが数万円程度)がかかることです。

Adobeがオススメ!
20代女性

Adobe Creative Cloud Expressの有料プランを契約しています。

月額がCanvaに比べて約500円ほど安く、画像の大きさなどの変更を選択式の項目をクリックしていくだけで微調整できるところがCanvaに比べて使いやすいので、気に入っています。

また、Canvaに比べて画像に変更を加えた際の読み込みが迅速で、デザインの変更を短時間で完了させられるところも良かったです。

Adobeがオススメ!
30代女性

Adobe Creative Cloud Expressでは、動画編集について、すべてクイックアクションで対応させることが可能となります。サイズ変更から、クロップ、トリミング、結合、逆再生、速度を編集、遅くする等、様々な動画形式について返還させることも可能です。また、ビデオ編集の項目も設定されておりますので、簡単に編集することも可能です。

Adobeがオススメ!
20代男性

Adobe creative cloud Expressは編集画面がとてもシンプルで、そして直感的で覚えやすく、それが画像制作することにおいて、魅力的な部分の一つだと思います。

画像やフォントといった素材も多く存在しており、制作をする中で助かることも。

ただやっぱり、有料プランとなると利用料金が高いのがデメリットだと思います。

Adobeがオススメ!

Canvaがオススメのユーザーの声

20代男性

Canvaが良いです。何百種類ものテンプレートが用意されているので、おしゃれな画像を簡単に作ることができます。また、今なら30日間無料でPro版を体験でき、途中で解約しても費用がかからないので、無料期間内に画像を落としてから解約すれば一石二鳥です。

デメリットとしては、PCでよく利用するフォントが使えないので、フォントにこだわりたい方はおすすめしません。

Canvaがオススメ!
30代男性

非常に操作性が高いので、時短に繋がるのはもちろん初めて利用した時から直感的に使えましたし、無料で提供されているテンプレートがとにかく豊富にあるので、この無料のテンプレートの範囲でも十分に満足できています。ただ、アプリもありますが、アプリだと動作が重たくて若干ストレスになるので、その点はデメリットですし、なるべくブラウザ版を利用した方がいいです。そして、どちらかと言えば初心者の方向けですし、拘った加工をされたい方には向かないです。Canvaはやはり、テンプレートの充実さが大きなメリットだと感じました。

Canvaがオススメ!
20代男性

Canvaはフォトショップやイラストレーターが使えない初心者の方でも簡単に画像加工や制作ができる点がとてもいいなと感じます。

画像加工が苦手な人でも、豊富なテンプレートデザインとフォントが揃っているので、仕上がりはプロが作ったような感じになります。

デメリットとしては、テンプレートのベースが欧米風なので日本ぽいテンプレートもあると使えるシーンが増えるのでもう少しテンプレートのベースを増やしてほしいなと感じました。

Canvaがオススメ!
30代男性

今までは、Adobeを使っていましたが、Canvaと使い比べるとCanvaの使いやすい所が多々あります。使い方や、題材によって使い分けるという方法もありだと思います。adobeを使っていたからこそ、Canvaが素晴らしいサービスだと思うので初めての方には、Canvaが良いのかなと思いました。料金プランもCanvaは5人で使えて1,500円なのでかなりお得です。経費の節約の面から見てもCanvaがお勧めです。

Canvaがオススメ!
20代男性

日々新しく追加されているプレミアムテンプレートが素晴らしいなと思っています。そしてなんと言っても背景を瞬時に消してくれる機能。これはすごく使い勝手がいいです。後はマジックリサイズでのデザインのサイズが好きなだけ変えられるところも自分が欲しい機能がぎゅっと凝縮されているなという感覚。ただ一つデメリットとするならば、少し月にかかるお金は高いなと感じております。

Canvaがオススメ!
40代男性

どちらも操作が簡単で沢山のテンプレートがあります。モバイル端末でも操作できますので大変便利です。

無料版でもストレージが使用可能ですが有料になると各々料金が違います。

Adobe Creative Cloud Expressは月額1,000円程度に対してCanvaは1,500円程度です。

私は動画編集で使用しますがCanvaの方が使いやすいです。

Adobe Creative Cloud Expressは動画に関してのフリー素材などが少なくCanvaの方が豊富です。

また、一番の決め手は複数ページの作成が出来る点です。

Adobe Creative Cloud Expressは複数ページの作成が出来ないので私にとっては使い勝手が悪いです。

Canvaがオススメ!

CanvaとAdobe Creative Cloud Expressの比較|まとめ

正直どちらもステキなテンプレや素材が用意されていて扱いやすいとは思いますが、ボクは冒頭から言っている通り「Canva」を使ってみてほしいです。

特に有料プランのコスパの良さは群を抜いているので、今後SNS等の情報発信をやっていきたい方は課金するのもかなりハードルが低いです。

まずは無料プランということならどちらでも良いと思いますが、今後課金していく気持ちがあるならCanvaの扱いに慣れておく方が良いですよ!

ヤス

最後まで読んでいただきありがとうございます!

\ 有料プランのお試しは30日間無料 /

ただしアプリ経由だと14日間

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Apple製品が大好き。
iPhoneの便利機能からオススメのアプリを中心に発信。
あなたのiPhoneのポテンシャルを最大限に引き出すお手伝いをします。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる